全豆連 トップページ > 豆腐・原料大豆の消費量

豆腐・原料大豆の消費量

豆腐製品の市場動向

厳密な統計資料がなく推定としては、小売段階で5~6千億円程度と思われます。(注)
なお、豆腐と油揚げなど揚げ物類の生産割合は、大豆の使用量からみて豆腐7、揚げ物類3の割合程度と想定されます。

(注) 「家計調査」からの推定
年間支出金額(豆腐6,416円+油揚げ等3,190円)× 全世帯数5,110万世帯 = 490,867百万円。
これに、外食・持ち帰り調理食品等に使われる分を加味する。

また、豆腐製品の生産高は、大豆の使用量からも推定できますが、大豆から約4倍の重さの豆腐ができます。したがって、年間の大豆使用量が50万トン弱ですので、すべて豆腐を造った場合は200万トン弱の生産高となります。もちろん、豆腐ばかりでなく油揚げ等もありますし、また豆腐の種類や造り方によっても大豆からできる豆腐の量は若干異なります。

→ 豆腐の一世帯あたりの消費動向はこちら(PDF)

原料大豆の消費

豆腐の原料は、大豆が唯一ともいえるものです。大豆の使用量は、年間50万トン弱で、ここ数年大きな変動は ありません。豆腐の原料に適している大豆は、タンパク質の含有分の高いことが第一の要件ですが、依然輸入大豆が主流です。輸入先はアメリカ産が大部分です が、近年カナダなど他地域も増えています。なお、国産大豆は高タンパクで豆腐に適しますが、最近では稲作の減反代替作物として増産され、使用量も増えてお ります。

豆腐用原料大豆使用量の推移

■ IOM大豆
アメリカのインディアナ、オハイオ、ミシガンの三州の頭文字を取った呼び名です。主としてこれら三州の大豆 がアメリカ大豆のうち、高タンパクで食品用として適していることから、他と区別して呼ばれかつ流通しています。なお、アメリカ産には遺伝子組換え大豆があ りますが、豆腐製品はそれとは分別された非遺伝子組換え大豆が使用されています。

■ バラエティ大豆
IOM大豆は品種ごとに区分されて集荷・流通していませんが、品種ごとに区分・流通しているのが、バラエティ大豆です。実需者・消費者により応え得るよう育種された特定品種の大豆です。

メールでのお問い合わせ