豆腐マイスター認定講座 日本豆腐マイスター協会認定教室TOFU&SOYCookingSalon

東京表参道開催 H27年12月12日(土)

<豆腐マイスター>
いそはた あや

いそはたあやの写真

<プロフィール>

製薬会社、医療機関勤務を経験。その中で健康も病気も食べ物で作られるということを目の当たりにし、食生活・栄養学・添加物・食と心の関係などについて学びを深める。

インナービューティーダイエット専門料理教室講師として、これまで腸・心・美容・健康についてのべ200人以上のレッスンおよびカウンセリングを担当。

独立後本格的に発酵食について学び始めるとともに、発酵食を求めて行動範囲は日本各地へ広がっている。

発酵食の魅力を体感する、発酵食料理教室『綾糀-AYANOKOJI-』を主宰。

<保有資格>

・豆腐マイスター

・発酵食cookingベーシックコース修了

・インナービューティープランナー

・食生活アドバイザー

・ナチュラルフードコーディネーター

・日本食文化コーディネーター

・クシマクロビオティックス

・コンシェルジュ など

いそはたあやのブログ

体に優しく、食欲の秋を楽しもう

こんにちは。

豆腐マイスター/発酵食料理研究家のいそはたあやです。

だんだんと過ごしやすい日が増え、秋が近づいてきているのを感じます。新米や秋の味覚、日本酒のひやおろしやビールの秋限定品…私達の食欲を刺激するものがたくさん出回る時期でもあります。

ただ、おいしい物を食欲に任せてたくさん食べてしまうと胃腸や肝臓に負担をかけてしまったり、肥満になってしまうことも。食べ方や食べる物に少し気を使うと、体に負担をかけにくくなりますよ。

【体に負担をかけにくい食べ方】

●よく噛んで食べる

食べ物を細かくするだけで、消化がスムーズになります。体に必要な食物繊維も、消化にかなりのパワーを使うとされています。唾液としっかり混ざることで消化の手助けになるので、よく噛んで食べることはとても大事なことなのです。

●あぶらっこいものを控える

あぶらこってりのお料理はお酒にも合いますしおいしいですが、やはり体には負担がかかります。最近食べ過ぎかな、と思ったらあぶらっこいものや脂質の高いお肉は少し控えましょう。

●腸内環境を整える

腸が元気だと、消化・吸収・代謝・排泄がスムーズになります。発酵食品、食物繊維、オリゴ糖などを摂って腸内環境を整えましょう。

今回のレシピは、体に負担をかけにくい植物性のメニューです。ヘルシーなのでしっかり食べたい時などにもおすすめです。おかずに、お酒のおつまみとしてそのまま食べても、丼ぶりにしてもおいしい一品です。

◆ヘルシーにお腹を満たそう!◆~お豆腐の肉そぼろ風~

お豆腐の肉そぼろ風

  • 【材料】作りやすい分量:約4人分
  • ・木綿豆腐:1丁(360g)…重しを乗せ1~2時間しっかりと水切りする
  • ・白滝:100g…細かくきざむ
  • ・玉ねぎ:大きめサイズ1/2個(150g)…みじん切り
  • ・えのき:1/2袋(100~150g)…細かくきざむ
  • ・ごま油:小1
  • ・塩:少々
  • ・ねぎ(青い部分):適量
  • (A)
  • ・濃口醤油:大2
  • ・みりん:大1
  • ・黒酢:小1.5
  • ・甘酒(濃縮タイプ):小2
  • 【作り方】
  • 1.フライパンに白滝を入れ、乾炒りする。水分が飛んだら取り出しておく。フライパンに豆腐を崩しながら入れ、ポロポロのそぼろ状になるまで乾炒りし、水分が飛んだら取り出しておく。
  • 2.フライパンにごま油を入れ中火で熱し、玉ねぎ、えのき、塩を入れ炒める。玉ねぎがしんなりしてきたら、1.と(A)の半量を入れ中強火にし、水分を飛ばすように炒める。
  • 3.水分が飛んだら残りの(A)を入れ、同様に炒める。
  • 4.器に盛り、ねぎを乗せたら完成。

今回の食材について